support融資サポート

融資サポート


会社を設立した後の資金調達手段として金融機関からの融資を考えた場合、どこから借り入れることをイメージしますか?
メガバンク、地方銀行、信用金庫、信用組合・・・
と貸付を行っている民間金融機関はたくさんありますし、政府系金融機関も存在します。その中で狙い目となるのが、日本政策金融公庫(旧:国民生活金融公庫)の「新創業融資」と各都道府県や市町村が取り扱う制度融資の一部の「創業融資」です。
これらはいずれも、担保や保証人の確保が難しい人でも利用できる、無担保・無保証での借り入れが可能な政府系融資です。
無担保・無保証での借り入れが可能な分、他の政府系融資よりも高い金利が設定されますが、それでも民間金融機関からの借り入れと比べれば、金利は低くなることがほとんどです。
また、地方銀行、信用金庫等の地元金融機関も創業支援に力を入れている所も多いので積極的に利用していく事をお勧めします。

大阪会社設立相談所創業融資実績例(設立3年以内)

借入申込書と起業家の熱意だけで簡単に創業融資を受けられる』と誤解されている方が大変多いように見受けられます。実際は全体の約80%の方が審査を落とされています。実績が全くないこれからの会社が、熱意と簡単な資料だけで融資が受けられる程、金融機関は甘くありません。一度も取引のない新規開業者に融資の可能性が開かれている、この有り難いチャンスを有効に活用してください。 これから起業される方は、夢、目標に向かって熱意が満ちあふれていらっしゃいます。しかし、融資の申込みでは借入金返済を見込んだ資金繰計画はもちろん、創業3~5年後を見据えた経営計画を第三者に説得力のある数値で説明することをそれ以上に必要とされます。夢と目標の実現に向かってこのチャンスを確実にものにしたい。 豊富な創業支援実績を持つ大阪会社設立相談所に是非御相談ください。

業種

資本金

平均月額

従業員数

融資額

業種

資本金

平均月収

従業員数

融資額

アパレル

不動産

ソフトウェア販売

美容

IT

飲食業

250万円

500万円

900万円

300万円

100万円

500万円

250万円

100万円

350万円

150万円

400万円

250万円

2名

1名

14名

3名

2名

3名

500万円

500万円

1000万円

600万円

200万円

1000万円

※赤で記載された金額は限度額の融資実績となります

創業融資の審査のポイント

融資を受けたい場合は創業計画書を作成し、担当官と面談をすることになります。

  1. テキスト
  2. テキスト
  3. テキスト
  4. テキスト

担当官が一番チェックするポイントは「創業計画書の内容」です。
計画書の内容が全てと言っても過言ではないくらい重要なポイントです。
これから起業しようという人に、事業家としての目があるか?の第一段階は、この計画書で審査されます。

1開業動機・開業目的

開業動機・開業目的は、「なるほど。この人ならうまくいきそうだ。」と思わせる必要があります。 それには、窓口で用意されている開業計画書のサンプルだけでは物足りません。
何十枚も用意する必要はありませんが、自分の考えるビジネスモデルを理解してもらうには、サンプルに沿った書き方に合わせることは難しいと言わざるを得ません。

1開業動機・開業目的

開業動機・開業目的は、「なるほど。この人ならうまくいきそうだ。」と思わせる必要があります。 それには、窓口で用意されている開業計画書のサンプルだけでは物足りません。
何十枚も用意する必要はありませんが、自分の考えるビジネスモデルを理解してもらうには、サンプルに沿った書き方に合わせることは難しいと言わざるを得ません。

1開業動機・開業目的

開業動機・開業目的は、「なるほど。この人ならうまくいきそうだ。」と思わせる必要があります。 それには、窓口で用意されている開業計画書のサンプルだけでは物足りません。
何十枚も用意する必要はありませんが、自分の考えるビジネスモデルを理解してもらうには、サンプルに沿った書き方に合わせることは難しいと言わざるを得ません。

1開業動機・開業目的

開業動機・開業目的は、「なるほど。この人ならうまくいきそうだ。」と思わせる必要があります。 それには、窓口で用意されている開業計画書のサンプルだけでは物足りません。
何十枚も用意する必要はありませんが、自分の考えるビジネスモデルを理解してもらうには、サンプルに沿った書き方に合わせることは難しいと言わざるを得ません。